研究業績

blank 著書 | 学会論文誌 | 国際会議 | 学会誌など | 研究会・全国大会 | 解説・書評など | 新聞 blank

著書

  1. Language Grid: Service-Oriented Collective Intelligence for Language Resource Interoperability (Cognitive Technologies,),  Toru Ishida Editer, Springer,2011
      (Chapter 3: Intercultual Collaboration Tools based on Language Grid)
  2. "情報教育事典"
     岡本敏雄, 小舘香椎子監修, 丸善, 2008
      (国際的な資格、アメリカの資格)
  3. "光できらめく理系女性たち-理想のワークライフバランスを目指して-"
     小舘香椎子監修,オプトロニクス社,2007.(pp111-114)
  4. "情報教育シリーズ『マルチメディア表現と技術』"
     岡本敏雄、小舘香椎子監修、小舘香椎子、柳沼良知編著、丸善、2003.
      (第3章 3.3節 画像情報処理 pp.62-73担当)
blank

学会論文誌(refreed)

  1. "Survey of the awareness, offering, and adoption of OERs and MOOCs in Japan,"
     Katsusuke Shigeta, Mitsuyo Koizumi, Hiroyuki Sakai, Yasuhiro Tsuji, Rieko Inaba, Naoshi Hiraoka
     Open Praxis, vol.9, pp.195-206, 2017.
  2. "平均顔による女子大学生の印象分析−津田塾大学における110年間の資料より−,"
     稲葉利江子, 中原有紀子
     日本顔学会誌(ショートノート),Vol.16, No.2, 2016.
  3. "高等教育におけるICT活用実態と大学の規模の関係,"
     酒井博之, 辻靖彦, 稲葉利江子
     日本教育工学会論文誌, Vol.39, 増刊号, pp.69-72, 2016.1.
  4. "機械翻訳サービスと編集サービスの相互連携における翻訳品質と編集者適応,"
     山口卓郎, 菱山玲子, 北川大輔, 中島悠, 稲葉利江子, 林冬惠
     情報処理学会論文誌, Vol.55, No.4, pp.1303-1315, 2014.4.
  5. "A Pattern Language For Reusing Web Teaching Materials",
     Nadia Bouz-Asal, Rieko Inaba, Toru Ishida,
     International Journal of Cyber Society and Education, Vol.6, No.2, pp.157-162, 2013.12.
  6. "発言の自由度を高めたレスポンスアナライザを活用した大学授業の実践と評価,"
     稲葉利江子,山肩洋子,大山牧子,村上正行
     日本教育工学会論文誌, 36巻, 3号, 2012.12.
  7. "言語グリッド:サービス指向の多言語基盤,"
     石田亨,村上陽平,稲葉利江子,林冬惠,田仲正弘,
     電子情報通信学会論文誌, Vol.J95-D, No.1, pp.2-10, 2012.1.
  8. "機械翻訳を用いた3言語間コミュニケーションの相互理解の分析,"
     稲葉利江子,山下直美,石田亨,葛岡英明,
     電子情報通信学会論文誌, Vol.J92-D, No.6, pp.747-757, 2009.6.PDF,545KB>
  9. "絵文字解釈における人間の文化差判定,"
     Cho Heeryon,石田亨,山下直美,稲葉利江子,高崎俊之,神田智子,
     ヒューマンインタフェース学会論文誌 Vol.10, No.4, pp.427-434, 2008.11.<PDF, 3.2MB>
  10. "Assisting Pictogram Selection with Categorized Semantics",
     Heeryon Cho, Toru Ishida, Satoshi Oyama, Rieko Inaba, Toshiyuki Takasaki,
     Special Section on Knowledge, Information and Creativity Support System,
     IEICE Transaction. Vol.E91-D, No.11, pp. 2638-2646, 2008.11.<PDF, 686KB>
  11. "REASのオーサリングの評価によるインターフェースの改善",
     芝崎順司, 近藤智嗣, 稲葉利江子, 大塚雄作,
     教育工学会論文誌,30巻- Suppl.号, 169-172. 2007
  12. "ミクストリアリティによる博物館展示システムの提案",
     近藤智嗣, 芝崎順司, 有田寛之, 真鍋真, 稲葉利江子,
     教育工学会論文誌, 30巻-Suppl.号, 45-48. 2007
  13. "個人顔認識のデータベースにおけるメタデータの提案",
     稲葉利江子, 相澤清晴, 小舘香椎子,
     電子情報通信学会 D-II論文誌,Vol.J86-D-II, No.7, pp.1005-1014, 2003. <PDF,1.9MB>
  14. "光学実験教育におけるe-Learningの導入",
      藤川知栄美, 稲葉利江子, 清水賀代, 下村恭子, 小舘香椎子,
     光学,Vol.32, No.6, pp.390-395, 2003.
  15. "Security Application of Optical Face Recognition System: Access Control in E-Learning",
     Rieko Inaba, Eriko Watanabe, Kashiko Kodate,
     Optical Review, Vol.10, No.4, pp.255-261, 2003.
  16. "Facial Recogniton by Compact Parallel Optical Correlator",
     Kashiko Kodate, Rieko Inaba, Eriko Watanabe,Takeshi Kamiya,
     Measurement Science and Technology, Vol.13, No.11, pp.1756-1766, 2002.
  17. "モバイル環境における光学的顔認識システム",
     稲葉利江子, 柳沼良知, 渡邉恵理子, 小舘香椎子,
     電気学会 電子・情報・システム部門誌, Vol.122-C, No.8, pp.1259-1265, 2002. <PDF,5.6MB>
  18. "光学式小型顔認識装置の開発とその評価",
     渡邉恵理子, 稲葉利江子, 小舘香椎子,
     画像電子学会誌, Vol.31, No.5, pp.848-856, 2002.
blank

国際会議(refreed)

  1. "Relationship between the desired effect of using ICT in education and the university's size in Japan",
     Yasuhiko TSUJI, Rieko INABA, Hiroyuki SAKAI, Naoshi HIRAOKA, Katsusuke SHIGETA
     International Conference for Media in Education(ICoME) 2017, 2017.08.
  2. "Use of ICT for Higher Education in Japan -An Analysis Based on Student Enrollment-",
     Rieko INABA, Yasuhiko TSUJI, Hiroyuki SAKAI, Naoshi HIRAOKA, Katsusuke SHIGETA
     Hawaii International Conference on Education 2017, 2017.1.
  3. "Design and evaluation of a workshop to teach integrated skills",
     Rieko INABA
     Hawaii International Conference on Education 2016, 2016.1.
  4. "Survey on Copyright Infringement of Digital Contents: A Case Study of Japanese University Students",
     Rieko INABA,Remi Yamazaki
     International conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2015), 2015.8.
     (Communications in Computer and Information Science Volume 529, 2015, pp 657-660 )
  5. "Evaluation of Rewriting Service in Language Translation Web Services Workflow",
     Takuro Yamaguchi, Reiko Hishiyama, Daisuke Kitagawa, Yuu Nakajima, Rieko Inaba and Donghui Lin
     International Conference on Culture and Computing 2013, 2013.9.
  6. "Analysis on Multilingual Communication with Hanzi/Kanji Conversion",
     Nan Jin, Rieko Inaba, Toru Ishida,
     International Conference on Culture and Computing 2012, 2012.10.
  7. "A Pattern Language For Reusing Web Teaching Materials",
     Rieko Inaba, Nadia Bouz-Asal, David Kinny, Toru Ishida,
     International Conference on Internet Studies 2012, 2012.8.
  8. "Intercultural Collaboration with the Language Grid Toolbox",
     Ari Hautasaari, Nadia Bouz-Asal, Rieko Inaba, Toru Ishida,
     The 2011 ACM Conference on Computer Supported Cooperative Work (CSCW2011) Videos, 2011.3.23.
  9. "Analyzing patterns in composing teaching materials from the Web",
     Nadia Bouz-Asal, Rieko Inaba, Toru Ishida,
     The 2011 ACM Conference on Computer Supported Cooperative Work (CSCW2011) Interactive papers, 2011.3.
  10. "Supporting Local Jargon in Multilingual Collaboration",
     Mika Yasuoka, Toru Ishida, Yohei Murakami, Donghui Lin, Masahiro Tanaka and Rieko Inaba,
     International Conference on Computer Supported Cooperative Work (CSCW-10), demo session, pp.553-554, February 8th, 2010.
  11. "The Language Grid: Creating Customized Multilingual Environments",
     Toru Ishida, Rieko Inaba, Yohei Murakami, Tomohiro Shigenobu, Donghui Lin and Masahiro Tanaka,
     In Proceedings of The First International Conference on Global Interoperability for Language Resources (ICGL-10), 2010.1.
  12. "Difficulties in Establishing Common Ground in Multiparty Groups using Machine Translation",
     Naomi Yamashita, Rieko Inaba, Hideaki Kuzuoka, Toru Ishida,
     ACM Conference on Human Factors in Computing Systems (CHI'09), pp.679-688, 2009.
  13. "Service-Oriented Collective Intelligence for Multicultural Society,"
     Rieko Inaba, Toru Ishida,
     WebSci09, Poster, 2009.3
  14. "Supporting Multicultural Society with the Language Grid",
     Satoshi Sakai, Masaki Gorou, Rieko Inaba, Yohei Murakami, Takashi Yoshino, Yoshie Naya, Yoshihiko Hayashi, Masahiro Tanaka, Toshiyuki Takasaki, Shigeo Matsubara, Yasuhiko Kitamura, Toru Ishida,
     International Conference on Informatics Education and Research for Knowledge-Circulating Society (ICKS'08) , 2008.
  15. "A Non-Profit Operation Model for the Language Grid",
     Toru Ishida, Akiyo Nadamoto, Yohei Murakami, Rieko Inaba, Tomohiro Shigenobu, Shigeo Matsubara, Horimitsu Hattori, Yoko Kubota, Takao Nakaguchi, Eri Tsunokawa,
     International Conference on Global Interoperability for Language Resources, Poster, 2008.1.
  16. "Usability of Multilingual Communication Tools,",
     Rieko INABA,
     12th international conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2007), 2007.7.
     (Lecture Notes in Computer Science, Vol. 4552, Springer, pp. 91-97.)
  17. "Pictogram Retrieval Based on Collective Semantics",
     Heeryon Cho, Toru Ishida, Rieko INABA, Toshiyuki Takasaki, Yumiko Mori,
     12th international conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2007), 2007.7.
     (Lecture Notes in Computer Science, Vol. 4552, Springer, pp. 31-39. )
  18. "Mixed Reality Technology at a Natural History Museum",
     Tomotsugu Kondo, Junji Shibasaki, Hiroyuki Arita-Kikutani, Makoto Manabe, Rieko Inaba and Akira Mizuki,
     Museums and the Web 2007: The International Conference for Culture and Heritage On-line, San Francisco, USA, 2007.4.
  19. "How do kids use pictograms?",
     Rieko Inaba, Toshiyuki Takasaki, and Yumi Mori,
     International Conference on Computer Supported Cooperative Work (CSCW2006), Interactive Poster, 2006.11.
  20. "A Challenge for Sharing Digital Materials of Teacher Education in Japan",
     Tsuneo Yamada, Yoshitomo Yaginuma, Rieko INABA,
     2003 KAEIB International Symposium and Conference Education Media in Schools, Seoul, Korea, 2003.9.
  21. "Practical Application of Compact optical Face Recognition using VCSEL array for e-Learning Security",
     Eriko Watanabe, Rieko INABA, Kashiko Kodate,
     International Conference on Optics-Photonics Design and Fabrication, PD04, Diba, 2002.11.
  22. "Application of the Optical Face Recognition System to the e-Learning",
     Rieko INABA, Yoshitomo Yaginuma, Kashiko Kodate ,
     International Conference of Optics, firenze, 2002.8. [INVITED PAPER]
  23. "Opto-electronic Face Recognition System using Diffractive Optical Elements: Design and Evaluation of Compact Parallel Joint Transform Correlator",
     Kashiko Kodate,Rieko INABA, Eriko Watanabe,
     SPIE Annual meeting 2001, 2001.7. [INVITED PAPER]
     Accepted as Full Paper proceedings of SPIE Vol.4455, pp.42-50
  24. "Design and Evaluation of the Compact Optical Parallel Correlator (COPaC) for Face Recognition",
     Eriko Watanabe,Rieko INABA, Kashiko Kodate,
     CLEO/Pacific Rim 2001, Makuhari, 2001.7.
  25. "Compact Parallel Joint Transform Correlator for Facial Recognition",
     Rieko INABA, Naoko Kawakami, Eriko Watanabe, Kumiko Oguma, Kashiko Kodate,
     Optics in Computing 2000, Quebec, 2000.6
     Accepted as Full Paper proceedings of SPIE Vol.4089, pp.384-392
  26. "Discrimination of portraits using hybrid parallel Joint Transform Correlator system",
     Rieko INABA, Asako Hashimoto, Kashiko Kodate,
     ICOSN99, Yokohama, 1999.6
     Accepted as Full Paper proceedings of SPIE Vol.3740, pp.529-532
blank

国際ワークショップ(refreed)

  1. "Multilingual Communication Support Using the Language Grid",
     Rieko Inaba,Yohei Murakami, Akiyo Nadamoto, and Toru Ishida,
     International Workshop on Intercultural Collaboration (IWIC2007). (January 25-26, 2007, Kyoto, Japan)
     (In: Intercultural Collaboration, Series: Lecture Notes in Computer Science, Vol. 4568, Springer, pp. 118-132.)
  2. "Culturally-Situated Pictogram Retrieval",
     Heeryon Cho, Rieko Inaba, Toshiyuki Takasaki, Yumiko Mori, and Toru Ishida,
     International Workshop on Intercultural Collaboration (IWIC2007). (January 25-26, 2007, Kyoto, Japan)
     (In: Intercultural Collaboration, Series: Lecture Notes in Computer Science, Vol. 4568, Springer, pp. 221-235.)
blank

学会誌・紀要など

  1. "個別相談とライティング支援の可能性ー津田塾大学ライティングセンターの活動分析からー",
     飯野朋美, 稲葉利江子, 大原悦子
     津田塾大学大学紀要,47号, pp.133-148, 2015.
  2. "「色バリアフリー」をご存知ですか?-学会プレゼンやアウトリーチ活動で配慮したい色の話",
     稲葉利江子
     化学,Vol.66, pp.45-48, 2011.
  3. "言語グリッドを用いたスマート翻訳 -京大翻訳!-",
     稲葉利江子,村上陽平,田仲正弘,林冬惠,石田亨
     AAMT, Vol.49, pp23-29, 2011.
  4. "世界の言語をつなぎ、人と人とをつなぐ言語グリッドの取り組み",
     稲葉利江子,村上陽平,重信智宏,灘本明代,石田亨
     AAMT,No.40,pp15-19,2007.
  5. "大学における学習者同定に関する技術と運用に関する調査",
     葉田善章,辻靖彦,西森年寿,稲葉利江子,清水康敬
     NIME研究報告,Vol.31, 2007.
  6. "ワイヤーフレームモデルを用いた顔画像認識用データベース",
     稲葉利江子,小舘香椎子
     日本女子大学理学部紀要, No.8, pp.25-35, 1999.
blank

研究会・全国大会(refreed)

  1. "光学的小型顔認識装置の開発とその評価",
     渡邉恵理子, 稲葉利江子, 小舘香椎子,
     画像電子学会研究会, 2002.3.
  2. "モバイルインターネットにおける遠隔顔画像検索-COPaC II の実証実験-",
    稲葉利江子, 柳沼良知, 渡邉恵理子, 小舘香椎子,
    Optics Japan2001, 2001.11
  3. "小型光並相関器の安定性へ向けた光学的改良と評価",
     渡邉恵理子, 稲葉利江子, 小舘香椎子,
     Optics Japan2001, 2001.11
  4. "顔画像認識システムの犯罪捜査への適用",
     稲葉利江子, 川上直子, 渡邉恵理子, 小舘香椎子,
     ホログラフィック・ディスプレイ研究会, 2001.5
  5. "JTC認識システムにおける顔画像成分の解析",
     稲葉利江子,小舘香椎子,
     Optics Japan2000, 2000.10
  6. "小型光並相関器を用いた顔認識システム(FR-COPaC)の評価",
     渡邉恵理子, 稲葉利江子, 小舘香椎子,
     Optics Japan2000, 2000.10
  7. "小型光並列結合変換器による顔画像認識",
     稲葉利江子, 渡邉恵理子, 小舘香椎子,
     計測シンポジウム2000, 2000.6
  8. "光並列JTCシステム-データベースの検討-",
     稲葉利江子,小舘香椎子,
     Optics Japan99, 1999.9
  9. "JTCを用いた顔認識システム",
     橋本麻子, 稲葉利江子,小舘香椎子,
     第84回光コンピューティング研究会, 1998.12
  10. "並列JTCによる顔写真の識別",
     稲葉利江子,橋本麻子, 小熊久美子, 小舘香椎子,
     Optics Japan98, 1998.10
blank

研究会・全国大会(no-refreed)

  1. "日本の大学におけるICT環境とサービスがICT導入の効果に与える影響"
     辻靖彦, 稲葉利江子, 高比良美詠子, 田口真奈
     第41回教育システム情報学会(北九州国際会議場),2017年8月23-25日.
  2. "コラボレーションの場としての学会ポスター発表の聴講者移動に基づく分析"
     江木啓訓, 稲葉利江子, 渡辺雄貴, 尾澤重知
     情報処理学会 グループウェアとネットワークサービス研究会(日本大学),2017年5月11-12日.
  3. "大学におけるICT利活用の導入状況の一考察−大学規模別の観点から−"
     稲葉利江子, 辻靖彦, 高比良美詠子, 田口真奈
     第23回大学教育研究フォーラム(京都大学),2017年3月19-20日.
  4. "大学におけるICT活用教育により得られた効果の経年分析と教育方法改善/教育的効果がみられた機関の特徴"
     辻靖彦, 高比良美詠子, 田口真奈, 稲葉利江子
     第23回大学教育研究フォーラム(京都大学),2017年3月19-20日.
  5. "多様な食習慣・食文化を有する訪日外国人のための多言語コミュニケーション支援システムの開発"
     藤巻奈緒子, 寺西瑞貴, 稲葉利江子
     情報処理学会 グループウェアとネットワークサービス研究会(玉川大学),2017年3月9-10日.
  6. "大学におけるICT活用教育により得られた効果の分析−ICT活用教育の悉皆調査を基に−"
     平岡斉士, 稲葉利江子, 酒井博之, 辻靖彦, 重田勝介
     大学ICT推進協議会2016年次大会(京都国際会館),2016年12月14日.
  7. "大学におけるICT活用教育により得られた効果の分析−ICT活用教育の悉皆調査を基に−"
     辻靖彦, 酒井博之, 稲葉利江子, 平岡斉士, 重田勝介
     日本教育工学会第32回全国大会(大阪大学),2016年9月17-19日.
  8. "日本におけるOERとMOOCの導入と提供目的の分析"
     重田勝介, 酒井博之, 辻靖彦, 稲葉利江子, 平岡斉士
     日本教育工学会第32回全国大会(大阪大学),2016年9月17-19日.
  9. "大学におけるICT利活用の実態に関する一考察−ICT環境の規模別導入状況−"
     稲葉利江子, 酒井博之, 辻靖彦, 平岡斉士, 重田勝介
     日本教育工学会第32回全国大会(大阪大学),2016年9月17-19日.
  10. "科学博物館における多言語コミュニケーション支援ツールの開発と評価"
     寺西瑞貴, 稲葉利江子
     第15回情報科学技術フォーラム(FIT2016),2016年9月7−9日.
  11. "日本教育工学会全国大会のポスター発表における発表者と聴講者の意識分析"
     江木啓訓, 稲葉利江子, 渡辺雄貴, 尾澤重知
     日本教育工学会研究会(香川大学),2016年3月5日.
  12. "科学博物館における多言語コミュニケーション支援ツールの開発"
     寺西瑞貴, 稲葉利江子
     電子情報通信学会 ヒューマンプローブ研究会,2016年2月18日.
  13. "ユーザ中心設計に基づいた学習ポートフォリオシステムの設計"
     稲葉利江子, 小林至道, 毛利美穂, 本村康哲
     電子情報通信学会 ライフインテリジェンスとオフィス情報システム研究会(信学技法,Vol.115, No.295, pp.19-24),2015年11月6日. [招待講演]
  14. "送り手としてのメディアリテラシー教育の実践ーライティングセンターとの連携授業を事例にー"
     稲葉利江子
     日本教育工学会第31回全国大会(電気通信大学),2015年9月21-23日.
  15. "ライティングセンター運営システムの設計と運用"
     毛利美穂, 小林至道, 稲葉利江子, 長畑俊朗, 森田弘一, 森村淳, 西浦真喜子, 本村康哲
     日本教育工学会第31回全国大会(電気通信大学),2015年9月21-23日.
  16. "ユーザ行動に基づいた学習ポートフォリオシステムの設計"
     稲葉利江子, 小林至道, 毛利美穂, 長畑俊朗, 森田弘一, 本村康哲
     教育システム情報学会第40回全国大会(徳島大学),2015年9月1-3日.
  17. "総合的スキル獲得を目指したメディア創造ワークショップにおける学生の学び"
     稲葉利江子, 長濱澄
     第21大学教育研究フォーラム(京都大学),2015年3月13-14日.
  18. "ICT活用教育の効果に関する一考察 ーICT活用教育の推進に関する悉皆調査を基にー"
     稲葉利江子, 辻靖彦, 酒井博之, 重田勝介, 田口真奈, 飯吉透
     日本教育工学会研究会(九州大学),2015年2月28日.
  19. "日本国内の大学における授業のICTツールの利用傾向と利用目的"
     辻靖彦, 稲葉利江子, 酒井博之, 重田勝介, 田口真奈, 飯吉透
     日本教育工学会研究会(九州大学),2015年2月28日.
  20. "日本教育工学会全国大会におけるポスター発表聴講者の移動分析"
     江木啓訓, 稲葉利江子, 渡辺雄貴
     日本教育工学会研究会(九州大学),2015年2月28日.
  21. "ライティング/キャリア支援を目的としたeポートフォリオシステムの設計"
     小林至道, 稲葉利江子, 毛利美穂, 本村康哲
     大学ICT推進協議会2013年度年次大会(仙台),2014年12月11日.
  22. "平均顔による印象形成の分析 ー明治・大正時代における二女子大学の比較ー"
     稲葉利江子, 中山朋子, 小舘香椎子
     フォーラム顔学2014(昭和大学),2014年10月26日.
  23. "平均顔による女子大学生の印象分析 ー津田塾大学における110年間の資料よりー"
     中原有紀子, 稲葉利江子
     フォーラム顔学2014(昭和大学),2014年10月26日.
  24. "映像コンテンツ制作演習における評価の妥当性ー内部評価と外部評価の比較ー"
     稲葉利江子, 長濱澄
     日本教育工学会第30回全国大会(岐阜大学),2014年9月20日.
  25. "日本の高等教育機関におけるモバイル活用先進校の特徴ーICT活用教育の推進に関する悉皆調査を基にー"
     辻靖彦, 稲葉利江子, 酒井博之, 田口真奈, 飯吉透
     日本教育工学会第30回全国大会(岐阜大学),2014年9月19日.
  26. "電子書籍制作を通じたキャリア教育の実践と評価"
     稲葉利江子, 長濱澄
     教育システム情報学会第39回全国大会(和歌山大学),2014年9月11日.
  27. "翻訳連携プロセスにおける書換えサービス手法の評価"
     稲葉利江子, 三上真歩, 山口卓郎, 菱山玲子
     ヒューマンインタフェース学会研究会SIG-DE-17(京都工芸繊維大学),2014年3月26-27日.
  28. "コースポートフォリオを用いた授業コンテンツ共有の取組み"
     稲葉利江子
     第20回大学教育研究フォーラム(京都大学),2014年3月18日.
  29. "デジタルコンテンツ視聴に関する大学生の実態調査 ―著作権侵害に対する一考察―"
     稲葉利江子, 山﨑礼実, 渡邉恵理子, 小舘香椎子
     第76回情報処理学会全国大会(東京電機大学),2014年3月12日.
  30. "翻訳連携プロセスにおける連携サービス最適化の分析"
     三上真歩, 稲葉利江子, 山口卓郎, 菱山玲子
     第76回情報処理学会全国大会(東京電機大学),2014年3月12日.
  31. "ライティングセンターにおける相談記録の分析―学生からの相談事項に着目して―"
     岩崎千晶, 稲葉利江子, 小林至道, 本村康哲
     大学ICT推進協議会2013年度年次大会(幕張メッセ),2013年12月19日.
  32. "総合的スキル獲得を目指したワークショップデザインと評価ー映像制作による学生の学びに注目してー"
     稲葉利江子, 長濱澄
     日本教育工学会第29回全国大会(秋田大学),2013年9月.
  33. "デジタルモバイル端末のダウンロード型アプリによる著作権侵害に対する基礎的な実態調査とその一考察"
     稲葉利江子, 平松敬太,安田和史,馬場一貴,渡邉恵理子,平松三好,小舘香椎子
     情報処理学会 電子化知的財産・社会基盤研究会,2013年9月13日.
  34. "翻訳前編集を用いた多段翻訳プロセスによるベトナム農業支援"
     北川大輔, 中島悠, 菱山玲子, 稲葉利江子, 林冬惠, 石田亨
     第75回情報処理学会全国大会(東北大学),2013年3月.
  35. "翻訳連携プロセスにおける翻訳リペアサービスは位置に関する分析"
     山口卓郎, 菱山玲子, 北川大輔, 中島悠, 稲葉利江子, 林冬惠
     第75回情報処理学会全国大会(東北大学),2013年3月.
  36. "翻訳前編集パターンの分析ーベトナム農業支援プロジェクトを事例としてー"
     稲葉利江子, 北川大輔, 菱山玲子
     電子情報通信学会 人工知能と知識処理研究会(信学技法,Vol.112, No.435, pp.109-114),2013年2月18日.
  37. "翻訳連携サービスにおける書換えサービスの評価"
     山口卓郎, 菱山玲子, 北川大輔, 中島悠, 稲葉利江子, 林冬惠
     電子情報通信学会 人工知能と知識処理研究会(信学技法,Vol.112, No.435, pp.85-90),2013年2月18日.
  38. "グループワークと個別学習の効果を生かしたスクーリングのデザインと評価―放送大学「ミクストリアリティ’12」における実践―"
     稲葉利江子, 近藤智嗣,金井紋子
     日本教育工学会第28回全国大会(長崎),2012年9月.
  39. "発言の自由度を高めたレスポンスアナライザの有効性に関する評価",
     稲葉利江子, 山肩洋子, 大山牧子, 村上正行,
     日本教育工学会第27回全国大会,2011年9月.
  40. "受講生の発言の自由度を高めた操作容易なレスポンスアナライザの開発",
     山肩洋子, 村上正行, 稲葉利江子,
     教育システム情報学会第36回全国大会,2011年8月.
  41. "モバイル型レスポンスアナライザによる講義コンテンツへのアノテーション付与",
     山肩洋子, 稲葉利江子
     平成22年度情報教育研究集会,2010年12月11日.
  42. "iTouchLecture:モバイル講義映像・教材視聴システムの実現",
     中村 聡史,稲葉利江子,前川 佳一,浅野 泰仁,木村 欣司,矢作 日出樹,山肩 洋子,田中 克己
     平成22年度情報教育研究集会,2010年12月11日.
  43. "iTouchLectureの活用とその有効性に関する報告",
     稲葉利江子,中村 聡史,前川 佳一,浅野 泰仁,木村 欣司,矢作 日出樹,山肩 洋子,田中 克己
     平成22年度情報教育研究集会,2010年12月11日.
  44. "留学生と日本人学生のための他言語交流基盤:G30コミュニティサイト",
     稲葉利江子, 石松昌展, 嶋田雅彦,夏琳思, Nadia Bouz-Asal, 石田憲幸, 石田亨,
     日本教育工学会第26回全国大会,2010年9月
  45. "言語グリッドの世界展開に向けた連邦制運営モデル",
     村上陽平,石田亨,稲葉利江子
     情報処理学会創立50周年記念(第72回)全国大会,2010年3月11日.
  46. "言語グリッドによる都市の多言語交流基盤の形成-京都on言語グリッド-",
     稲葉利江子,古白川亮太,石松昌展,嶋田雅彦,後藤正浩,甲斐信行,村上陽平,田仲正弘,林冬惠,植田浩司,石田亨,
     情報処理学会創立50周年記念(第72回)全国大会,2010年3月9日.
  47. "Language Grid Toolbox:多言語コミュニティ支援のためのオープンソースソフトウェア",
     田仲正弘,村上陽平,稲葉利江子,林冬惠,石田亨,
     情報処理学会創立50周年記念(第72回)全国大会,2010年3月9日.
  48. "多言語チャットによる対象指示コミュニケーションの分析"
     稲葉利江子, 山下直美,葛岡英明
     電子情報通信学会 人工知能と知識処理研究会,2009年2月27日.
  49. "色選択過程に基づくカラーパレット手法の提案"
     稲葉利江子,近藤智嗣,杉本裕二
     日本認知科学会第25回大会, 発表論文集, pp.224-225, 2008年9月6日
  50. "言語グリッドにおけるコミュニティ辞書の役割",
     稲葉利江子, 石田亨,
     電子情報通信学会総合大会,2007年3月.
  51. "大学生のPCや携帯電話などのメディア利用行動に関する調査-予備調査の実施と結果-",
     辻靖彦, 葉田善章, 西森年寿, 稲葉利江子, 清水康敬,  日本教育工学会研究会「授業実践とメディア活用」, 2007年3月.
  52. "絵文字コミュニケーションにおけるセマンティックス",
     CHO Heeryon, 稲葉利江子,石田亨,高崎俊之,森由美子,
     JAWS2006情報処理学会「知能と複雑系」研究会, 2006年10月.
  53. "絵文字コミュニケーションにおける類型の比較",
     稲葉利江子, 高崎俊之, 森由美子,
     FIT2006, 2006年9月.
  54. "言語グリッド(Language Grid)の構想-異文化コラボレーション基盤の構築を目指して-",
     アーレム ベン ハッシン, 藤原義功, 林良彦, 菱山玲子, 稲葉利江子, 石田亨, 喜多千草, 松原繁夫, 村上陽平, 灘本明代, 中口孝雄, 中西英之, 重信智宏, 吉野孝,
     人工知能学会全国大会(第20回),2006年7月.
  55. "異文化間コミュニケーションツール「コミュニケーター」のユーザビリティ評価",
     稲葉利江子, 高崎俊之, 森由美子,
     電子情報通信学会 人工知能と知識処理研究会, 2006年6月 <PDF, 402KB>
  56. "化石骨格標本のための複合現実感による推定支援型展示システム",
     近藤智嗣, 稲葉利江子, 芝崎順司, 有田寛司, 真鍋真,
     教育メディア学会, 2005年10月
  57. "電子教材共有再利用コンソーシアムの現状と国際連携",
     山田恒夫, 三輪眞木子, 青木早苗, 太田良彦, 川淵明美, 児玉晴男, 近藤智嗣, 芝崎順司, 柳沼良知, 葉田善章, 稲葉利江子, 辻靖彦, 清水康敬,
     平成16年度情報処理教育研究集会講演論, 2004年11月
  58. "電子教材共有再利用コンソーシアムの国際連携の可能性",
     山田恒夫, 三輪眞木子, 青木早苗, 太田良彦, 川淵明美, 児玉晴男, 近藤智嗣, 芝崎順司, 柳沼良知, 葉田善章, 稲葉利江子, 辻靖彦, 清水康敬,
     日本教育工学会第20回全国大会講演, 2004年9月
  59. "NIMEにおける学習オブジェクト共有・再利用実験サイトの構築",
     山田恒夫, 三輪眞木子, 青木早苗, 太田良彦, 加藤浩, 川淵明美, 児玉晴男, 近藤智嗣, 芝崎順司, 柳沼良知, 稲葉利江子,
     平成15年度情報処理教育研究集会講演, 2003年11月
  60. "小型光並列相関器によるe-Learning用携帯電話顔認証システム",
     加藤絢, 稲葉利江子, 渡邉恵理子, 小舘香椎子,
     3次元画像コンファレンス講演, 2003年6月
  61. "携帯電話を用いた顔認識システムの検討",
     稲葉利江子, 加藤絢, 小舘香椎子,
     2003年電子情報通信学会総合大会, 2003年3月
  62. "高速光無線LANのe-Learningへの適用に関する検討",
     藤川知栄美, 加藤絢, 稲葉利江子, 花島正昭, 小舘香椎子,
     2003年電子情報通信学会総合大会, 2003年3月
  63. "マルチメディアキャンパス実現に向けた高速光無線LANの検討",
     加藤絢, 藤川知栄美, 稲葉利江子, 花島正昭, 小舘香椎子,
     第61回応用物理学会学術講演会, 2002年9月
  64. "フィードバック制御による顔領域検出手法の検討",
     稲葉利江子, 柳沼良知, 小舘香椎子,
     電気学会 電子・情報・システム部門大会, 2002年9月 [優秀論文発表賞受賞]
  65. "撮影条件に対してロバストな顔認識前処理の検討",
     稲葉利江子, 柳沼良知, 小舘香椎子,
     2002年電子情報通信学会総合大会, 2002年3月
  66. "小型光並列相関器による顔認識とそのセキュリティ応用",
     小舘香椎子,稲葉利江子, 渡邉恵理子,
     第49回応用物理学会連合講演会, 2002年3月
  67. "光相関器のレーザ加工形状評価への適用",
     稲葉利江子, 小舘香椎子,
     第48回応用物理学関係連合講演会, 2001年3月
  68. "小型光並列相関器(COPaC)の顔認識精度の評価",
     川上直子, 渡邉恵理子,稲葉利江子, 小熊久美子, 小舘香椎子,
     第48回応用物理学関係連合講演会, 2001年3月
  69. "光相関器によるIDレスの顔認証技術",
     稲葉利江子, 川上直子, 渡邉恵理子, 小熊久美子, 小舘香椎子,
     電気学会 電子・情報・システム部門大会, 2000年9月
  70. "光並列相関器による顔認識システム",
     稲葉利江子, 橋本麻子, 小舘香椎子,
     電気学会 電子・情報・システム部門大会, 1999年8月
  71. "光並列相関器による顔写真の識別",
     稲葉利江子, 橋本麻子, 小舘香椎子,
     1999年電子情報通信学会総合大会, 1999年3月
  72. "実時間顔認識のための顔画像の切り出しと正規化",
     橋本麻子,稲葉利江子, 小舘香椎子,
     第57回応用物理学会学術講演会, 1998年9月
  73. "Parallel Joint Transform Correlatorによる顔認識システム -顔写真による識別-",
     稲葉利江子, 橋本麻子, 小舘香椎子,
     第45回応用物理学関係連合講演会, 1998年3月
  74. "光相関演算による顔認識",
     稲葉利江子, 橋本麻子, 小舘香椎子,
     第2回日本顔学会フォーラム, 1997年8月
blank

解説・書評・コラムなど

  1. "論文誌ジャーナル編集委員会(幹事会)−突撃!論文編集の現場から",稲葉利江子, 情報処理学会学会誌「情報処理」, Vol.57, No.10, p.1028-1030, 2016.
  2. "Hello World",稲葉利江子, 情報処理学会学会誌「情報処理」, Vol.57, No.7, p.674, 2016.
  3. "高等教育機関でのICT利活用の現状",稲葉利江子, 情報処理学会学会誌「情報処理」ぺた語義, Vol.56, No.11, p.1117, 2015.
  4. "「女子部」に対する違和感",稲葉利江子, 情報処理学会学会誌「情報処理」, Vol.56, No.10, p.1030, 2015.
  5. "次世代型学習オブジェクトの共有と再利用-マサチューセッツ工科大学、ARIADNEに滞在して-",稲葉利江子, NIME Newsletter, Vol.6, pp.9-10, 2005.10.
  6. "光のARPEGGIO『学ぶということ』",稲葉利江子, OPTRONICS, Vol.20, No.3, p.157, 2004.
blank

新聞

  1. 「英訳します「仮説」「警戒区域」」,毎日新聞,2011年9月26日.
  2. 「留学生も快適に・・・「誤訳」少ない翻訳サービス」, 産経新聞, 2011年2月10日.
  3. 「"京大用語"正しく翻訳」, 京都新聞, 2011年2月10日.
  4. 「京大留学生に必須語翻訳」, 読売新聞, 2011年2月10日.
blank

学術的国際交流

  1. Joint physics and Computrer Science research seminar in Joensuu University, 2001.10.5
     フィンランドJOENSUU大学の物理セミナーにおいて、"Face Recognition based on Optical Parallel Correlator"という題名で発表した。
  2. 財団法人 交流協会主催 日台青年交流事業, 2000.12.14-23
     台湾の企業・国立研究所の視察および台湾大学をはじめとする国立4大学を見学し、研究発表を通して国際交流を図った。 また、国立交通大学にて、"Face Recognition using Parallel Joint Transform Correlator"という題目で発表した。
  3. The Joint Forum of Japan Women's University and EWHA WOMANS University for Promotion of Education and Research in science for women toward the 21st century , 2000.8.18-19
     日本女子大学の姉妹校である韓国の梨花女子大学との第1回合同フォーラムにおいて、"Face Recognition using Parallel Joint Transform Correlator"という題目で発表した。