津田塾大学ホームページへ

Office365利用案内

Office365とは、Microsoft社が提供するクラウドサービスです。
最新バージョンのMicrosoft Office製品(以降、Office365と記載)を個人所有の様々なデバイス(パソコンやタブレット、スマートフォン)にインストールして、利用できます。
利用者1人(1アカウント)のライセンスとして、パソコン・タブレット・スマートフォンのそれぞれ5台ずつ(合計15台)まで
Office365(※1参照)を無料でインストールして、利用することができます。
本学に在籍し、利用資格を有する期間のみ利用することができます。

 ※2018年度 利用対象者の皆さまへ
  新入生     :2018年4月6日に各自のGmailアドレス宛に、ユーザIDと初期パスワードをお送りしました。
  新任専任教職員 :2018年3月30日に各自のGmailアドレス宛に、ユーザIDと初期パスワードをお送りしました。

 ※2017年度 利用対象者の皆さまへ
  学生/専任教職員:2017年4月21日に各自のGmailアドレス宛に、ユーザIDと初期パスワードをお送りしました。

利用対象
・ 学生 (学部、大学院に在籍する方/科目等履修生・聴講生・交換学生は除く)
・ 専任教職員、嘱託職員、パートタイマー、派遣社員、業務委託
利用可能なOffice365
次の最新バージョンが使用できます。
(※1)Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Access、Publisher、Outlook、Skype for Business、OneDrive for Business
※新しいバージョンがリリースされた際は自動・Iにアップデートされます。
既に Office がインストールされているパソコンにOffice365のインストールを行うと、自動的に最新バージョンに変わってしまいますので、
古いバージョンのOfficeを使い続けたい場合には、Office365は利用しないでください。
利用上の注意
ライセンス認証について
 ・Office365のインストールが終わりましたら、Office365用のユーザIDとパスワードで、ライセンス認証(サインイン、アクティブ化)を行ってください。ライセンス認証を行わないと、Office365が正しく動作しません。
 ・Office365のライセンス認証は、30日に一度、システム側より自動的に実行されます。インストール時にライセンス認証済みであれば利用者の皆さまにて実施いただく作業はございません。
 ・Office365のライセンス認証を一度も実施していない場合や、30日以上 オフライン(ネットワークに接続しない状態)が続く場合は、Office365の利用が制限されます。(例えば編集作業ができなくなります)
在籍期間中は自動継続となります。(2年目以降、利用者の皆さまが行う作業はありません。)
教室やゼミ室など、不特定多数が使用する共用PCでは利用することができません。
利用申込み
学生・専任教職員の方には、ご案内のメールを送信してありますので、そちらをご覧ください。
それ以外の方で、業務上必要な場合は、計算センター infoadmin@tsuda.ac.jp までお申込みください。
よくある質問
2018年6月13日15:30更新

Copyright (c) 津田塾大学 Tsuda University 2018. All rights reserved.
〒187-8577 東京都小平市津田町2-1-1 津田塾大学 計算センター
Tel. 042-342-5140 E-mail: infoadmin@tsuda.ac.jp