津田塾大学ホームページへ

G Suite for Education 2段階認証の導入案内

更新年月日(Apr. 25 2018)

津田塾大学では、2018年4月より、教職員のG Suite (Gmail、共有ドライブなど)の利用にあたり、2段階認証を導入します。

2段階認証を導入することで、たとえあなたのパスワードが誤って外部に漏れたとしても、あなたのGmailやGoogle Driveに
他人はアクセスできません。情報は守られます。
セキュリティ確保を目的としているため、専任教職員の方々は 対応必須 とします。
なお、移行期間を1か月ほど設けます。
2段階認証は6月7日(木)より必須となりますので、設定を6月6日(水)までに済ませて下さい。
2段階認証の設定方法はページ下記をご覧下さい。
ご不明の点は、計算センター相談窓口にお問い合わせ下さい。

 ※専任教職員の皆さまへ
 ご利用前に「2段階認証を使っていれば安全なの?」のご一読をお願いします。
 こちら の最下部に記載しています。

 ※非常勤教員の皆さまへ
 本施策は、より高いセキュリティを保つことに有効な仕組みです。
 非常勤の皆さまにも、2段階認証の設定をお薦めします。

 !!さっそく 2段階認証の導入手順 を実施する方は こちらをクリック!!


導入対象
  1. 全ての専任教職員(嘱託職員、パートタイマー、派遣社員、業務委託等を含む)
  2. 2段階認証に必要なもの
    1. フィーチャーフォン または スマートフォン(以下、携帯電話という)を利用します。
    2. 各自の私物の携帯電話をご利用いただきます。
    3. 携帯電話をお持ちでない方、使用したくない方は、以下の (携帯電話を利用しないケース) を参照ください。
    4. 2段階認証について
      ユーザがメール(Gmail)やドライブ(Google Drive)を利用するときに、
      「パスワード」以外に「別の認証情報」を必要とする仕組みです。
      「別の認証情報」は、6〜8ケタの数字です。
      「別の認証情報」は、一度しか使えない One-time password で、携帯電話に送られます。
      「別の認証情報」は、以下の場合に入力が必要になります。
      1. 新しいコンピュータから初めてG Suiteを利用する場合
      2. G Suiteを通常利用しているコンピュータで「別の認証情報」を入力してから1か月経った場合
      3. (携帯電話を利用しないケース)
        特別な手順で事前に発行しておいたバックアップコードを「別の認証情報」として利用します。
        「バックアップコード」は10個まとめて発行されます。
        「バックアップコード」は10個のうちどれから使ってもかまいませんが、利用できるのは1回のみです。
        「バックアップコード」はいつでも新しく生成できます。

        (Gmailの閲覧にメールソフトを利用するケース)
        2段階認証を設定すると、メールソフト(Outlook、Thunderbird等)での送受信ができなくなります。
        各自で「アプリパスワード」を生成しメールソフトに設定することで継続して利用できます。
        メールソフトを利用する方は、以下の (メールソフトを利用するケース) を参照ください。
        利用上の注意
        操作手順は変更される場合があります。
        その場合は元の情報 Google アカウントヘルプサイト を参照してください。
        ※ 上の「Google アカウントヘルプサイト」をクリックすると、
          新しいタブが開き、”2段階認証プロセスでのログイン”が表示されます。
        2段階認証の導入手順
        詳細なマニュアルは こちら を参照ください。
          (1) Googleアカウントを2段階認証プロセスで保護するサイトに接続します。
          (2) いつも通り、津田塾大学のメールアカウント(あなた@tsuda.ac.jp)でログインします。
          (3) 本人確認のため、もう一度 津田塾大学のメールアカウントでログインします。
          (4) 携帯電話の電話番号を入力します。
          (5) 設定した電話に6〜8ケタの番号が通知されます。これが「別の認証情報」です。
          (6) 「別の認証情報」を入力します。
          (7) 2段階認証を 有効(オン) にします。
          (8) (オプション) 必要に応じて「バックアップコード」を発行・保存します。
          2段階認証の導入手順(携帯電話を利用しないケース)
          詳細なマニュアルは こちら を参照ください。
            (1) [同上] Googleアカウントを2段階認証プロセスで保護するサイトに接続します。
            (2) [同上] いつも通り、津田塾大学のメールアカウント(あなた@tsuda.ac.jp)でログインします。
            (3) [同上] 本人確認のため、もう一度 津田塾大学のメールアカウントでログインします。
            (4) メモとペンを用意します。
            (5) 固定電話の番号を入力します。
                  ※津田塾大学の 代表番号は入力禁止 です。確実にご自身が応答できる番号を指定してください。
                  ※入力例:ご自宅の固定電話、ご自身の研究室や部署の固定電話 など
            (6) 設定した固定電話に 自動 で電話がかかってきます。機械音声で6〜8ケタの番号が通知されます。これが「別の認証情報」です。
            (7) [同上] 「別の認証情報」を入力します。
            (8) [同上] 2段階認証を 有効(オン) にします。
            (9) [同上] (オプション) 必要に応じて「バックアップコード」を発行・保存します。
            2段階認証導入後のGmail閲覧手順
            詳細なマニュアルは こちら を参照ください。
              (1) 津田塾大学のメールアカウント(あなた@tsuda.ac.jp)でログインします。
              (2) 2段階認証ページで「別の認証情報」または「バックアップコード」を入力します。
              2段階認証導入後のGmail閲覧手順(メールソフトを利用するケース)
              詳細なマニュアルは こちら を参照ください。(アプリパスワードの生成方法、メールソフトの設定方法など)
                (1) Googleの アプリパスワードページ を開きます。
                (2) 使用する アプリ を選択します。
                (3) 使用する 端末 を選択します。
                (4) 端末に、生成した「アプリパスワード」を入力します。アプリパスワードは16文字です。
                よくある質問
                後日掲載予定

                Copyright (c) 津田塾大学 Tsuda University 2018. All rights reserved.
                〒187-8577 東京都小平市津田町2-1-1 津田塾大学 システム・サービス室
                Tel. 042-342-5140 E-mail: infoadmin@tsuda.ac.jp